事業内容|野村畳店|東京都足立区

野村畳店事業内容

Nomura tatami store business

事業内容

野村畳店では畳の表替え(張り替え)、新調(新規製作)、裏返しを承っております。関連して襖や障子の製作、施工も可能ですのでご希望の際はお声がけください。畳のワークショップも開催しております。開催時期はホームページでお知らせいたします。ご興味がありましたらぜひご参加ください。

畳表張替え・新畳

畳の表替え(張替え)

現在使用中の畳床をそのまま使用して、畳表と縁(ヘリ)を新しく張り替える方法です。見た目は新品のようになりますが畳床は変わらないので、踏んだ時の感触はそのままです。

目安

  • 4〜8年経った畳

  • ​裏返しから5年くらい経った畳

畳の新調(新規製作)

畳床・畳表・へり、すべてを新しく製作する方法です。畳が生まれ変るので見た目も踏み心地も一新されます。新規製作の場合はお部屋の採寸が必要になります。

目安

  • 15年くらい経った畳

  • ​痛みが気になる頃

畳の裏返し

現在使用中の畳表を縁(ヘリ)を剥がし、裏返して使用する方法です。畳床に固定している糸も外すので縁(ヘリ)も新調することになります。

目安

  • 2〜5年経った畳

  • ​傷や日焼けが目立ってきた頃

※ 5年以上経った畳は表替えをお勧めします。

20200827c02.jpg
襖・障子張替えと新調

襖の張り替え

現在使っている襖の枠はそのまま使用して、襖紙を新しく張替える方法です。

襖の新調(新規製作)

枠・襖紙全てを新しく製作する方法です。新規製作の場合は採寸が必要になります。

障子の張り替え

穴が空いたり、しみや日焼けが気になる障子の障子紙を新しく貼替える方法です。

障子の新調(新規製作)

枠・障子紙全てを新しく製作する方法です。新規製作の場合は採寸が必要になります。

ワークショップ

出張ワークショップ

年に数回ですが、A4サイズのミニ畳を作るワークショップをやってます。
地域の児童館、学習センター、ショッピングモール等から依頼がきます。

​お子様たち、親御さんたちと一緒に楽しくものづくりを体験いただいています。