こだわり

畳へのこだわり

畳に使われる畳表には、それぞれ産地毎に特性があります。
伝統に培われたそれらの産地ならでは独自の技術でイ草は栽培され畳表に織られているのです。 野村畳店では、畳表の素材を国産では「熊本」と「広島」の2箇所に限定して仕入れを行っております。 厳選した素材から生み出される畳の良さを是非体感してください。

イ草へのこだわり

熊本(肥後)

県内で染土を統一し、着色剤の使用を禁止しているので色調がそろっており、
強い縦糸で厚く織り込んでいるため、きれいで丈夫。
標準品から特選品まで幅広く豊富に品揃えができます。ブランド化も多く、熊本産内でも特長が細分化されています。

◆ ひのさらさ(最高級品)

イグサの優良品種「ひのみどり」で織られたJA熊本ブランドの最高級畳表。
使用イグサは140センチ以上。
織り込み本数は特に密で約8,000本、色調と色合いは特に良好。

◆ ひのさくら(高級品)

イグサの優良品種「ひのみどり」で織られたJA熊本ブランドの高級畳表。
使用イグサは130センチ以上。
織り込み本数は特に密で約7,000本、色調と色合いは良好。

◆ ひのさやか(上級品)

イグサの優良品種「ひのみどり」で織られたJA熊本ブランドの上級畳表。
使用イグサは110センチ以上。
織り込み本数は密で約5,000本~約6,000本、色調と色合いは良好。

広島(備後)

表皮が厚く、粒が揃っていて光沢があり、青味のある銀白色で優美。
長期間変色せず、タテ糸に麻を使用しているため、耐久性にもすぐれ、最高級品として定評があります。
本口畳表と他県産物があります。

◆ 中長髭 上(最高級品)

粒揃いもよく、色沢 色調 打込み 肌触りが秀逸。耐久力 耐候性がある。

畳床のこだわり

畳ボードをメインにした畳床

◆ ダイケン畳床V型(サンドイッチタイプ)

ポリスチレンフォームの上下を挟んだ構造で、断熱性に優れています。

  

ポリスチレンフォームをメインとした畳床

◆ セキスイ畳わら サンドタイプ

わらでポリスチレンフォームをサンドイッチした3層型構造の畳床。

  
 

機能を高めた畳床

◆ 本格志向のわら床

稲わらだけが持つやわらかな感触とぬくもりが、心を和やかにしてくれます。

↑TOP↑